専門業者にまず相談

専門業者トイレのトラブル解決法についていくつか紹介しましたが、つまりの原因が固い異物の場合には不適切ですので注意が必要です。例えば、お子さんが誤っておもちゃを落としてしまった、あるいは、トイレにおいていた置物が落ちてしまった、ポケットに入れておいたものがうっかり落ちてしまった、といったケースです。溶けるものであれば、比較的軽度なケースとして、素人でもできる解決法を試せばだいたいは解消することが多いのですが、固い異物になると、形状もバラバラで、ラバーカップ等で吸い出そうとしてかえって奥へ奥へ追いやってしまい、排水管の中を完全に塞いでしまうという危険性があります。

原因がはっきりしていて、自分で対応をしない方が賢明と判断した場合には、すぐに業者を呼び、見てもらうようにしましょう。専門業者に依頼することで、事態の悪化を防ぎ、ひいては費用面でも安く済む場合があります。トイレはいつも使える状態に保つことが大切ですので、流さない方がよいとされるものについては、できるだけ一般ゴミとして処理するようにしましょう。ティッシュペーパーも例外ではありません。水に溶けないもの、溶けると言われていても大判で分厚いものは流さないことが、つまり予防になります。

トイレのトラブル解決

原因トイレのつまりトラブルには、いくつかの解決方法を試してみると良いでしょう。その前に、つまりの原因を確認する必要があります。つまりの原因の第一位は、トイレットペーパーの流しすぎです。排泄物やティッシュペーパー、トイレクリーナー、赤ちゃんのお尻拭き、紙おむつ、生理用品等が続きます。この中で、トイレットペーパーと排泄物以外は、基本的にトイレには流すべきではないものとなっています。確かに、トイレクリーナーやお尻拭きは、流せて便利という反面、トイレのつまりの原因になりやすいことも確かです。トイレには、流れるからといって、でも流すことはやめ、大切に使うように心がけましょう

つまりの原因は、上述したように時間がたてば溶けるようなものである場合には、家庭用の道具を使用して解決を図ることが可能です。まずはラバーカップを使用しての吸い出しを試してみましょう。他にも、バケツ一杯の水を、少し高い位置から便器にめがけて一気に流し込んでみる方法もあります。この水は、大量過ぎないように注意してください。便器から水が溢れる危険性があります。また、お湯を溜めてしばらく置いてから、つまりの原因が溶けるのを待つという方法もあります。

水回りのトラブルには

トイレットペーパー水回りのトラブルの中で、一番多いとされているのは、トイレのつまりです。トイレは、子供から大人まで毎日使用する場所ですし、なくてはならない存在です。使えなくなると大変不便であり、快適な生活を送ることができなくなります。そこで、突然トラブルが発生してしまった場合には、冷静に対処する必要があります。あるいは、日頃から、水回りのトラブルが発生した場合にどうするか、どこに依頼するか等、家族で話しあっておいて、業者を決めて連絡先をメモしておく等、とっさの時に慌てずに済むように準備しておくことが大切です。

トイレのつまりくらい、自分で解決できるとお考えの方も、トイレのつまりの原因や、つまりの症状によっては、ご自身ですることで、かえって状態を悪化させてしまう危険性があります。原因が明確で、症状が軽い場合には、もちろんいくつか解決法はありますが、その方法が適していないと判断した場合には、速やかに専門業者に連絡をして、早めの対処を依頼するようにしてください。トイレのつまりは、主に流してはいけない物を流したことで起こります。日頃のトイレの使い方について、今一度確認をしてみるとよいでしょう。流してはいけないものを頻繁に流してはいませんか。トイレットペーパーを必要以上に大量に流してはいませんか。心当たりがある場合には、トイレは何でも流せるゴミ箱ではないということを認識してください。つまってしまった場合の対処について、考えてみましょう。